ながさき食べる通信

ながさき食べる通信

¥3000+送料|「食べものをつくる人」の特集誌+食べものが2ヶ月に1回(奇数月)届きます

ながさき食べる通信のお申し込みはこちら

ながさき食べる通信|7月号の特集は青島まる

Facebook マイページ お問い合わせ

ながさき食べる通信

¥3000+送料|「食べものをつくる人」の特集誌+食べものが2ヶ月に1回(奇数月)届きます

ながさき食べる通信のお申し込みはこちら

次号のご案内

NEXT ISSUE

ながさき食べる通信|7月号の特集は青島まる

青島◯っと、お届け!

島民全員が社員!? 松浦市の沖に浮かぶ1㎢の青島
水産業で栄えた島も高齢化・過疎化が進み島民は200人余りに。「島を、1000年続く漁を、守らなければ!」と、島民全員が一丸となり、一般社団法人「青島◯(あおしままる)」が2018年10月に設立する。
その設立に至るまでの軌跡と今の青島◯を、海の宝もの(海産物加工品)とともにお届けします。
お届け内容
青島〇さんを特集した情報誌+海産物加工品4種
お届け期間
7月下旬を予定
配送方法
ヤマト運輸・クール冷蔵
お支払い方法
クレジットカード(手数料無料)、または、コンビニ後払い(手数料220円)
お申込み期間
7月号お届けは、7月8日正午のお申込みまで
¥3000+送料|2ヶ月に1回(奇数月)
送料:九州800円、中国900円、関西四国1100円、中部1300円、北陸信越1400円、関東1500円、東北1600円、北海道2000円、沖縄1800円
ながさき食べる通信のお申し込みはこちら
Vol.6 - 2020年9月
小川牛
小川牛
雲仙市、諫早市
小川博信さん、康博さん
兄は極上の牛を飼い、弟は極上の料理を供する道を選んだ。それぞれの思いとは?
Vol.7 - 2020年11月
ゆきのヶ丘オリーブ園
ゆきのヶ丘オリーブ園
長崎市
榮木博文さん
長与町と琴海町に有機栽培で
オリーブ1000本!
Vol.8 - 2021年1月
雲仙しおかぜ黒糖
小川牛
雲仙市
有馬黒糖研究会
有機栽培のサトウキビを
昔ながらの釜焚きで黒糖に

ながさき食べる通信とは

ABOUT THIS JOURNAL

ながさき食べる通信

ながさき食べる通信は、
「食べもの付き情報誌」

生産者を特集した情報誌に、その生産者が作った食べものが付いてきます。
ながさき食べる通信は、「食べもの付き情報誌」
きっかけは、衰退していく生産の現場と減少していく生産者を目の当たりにし、それに危機感を持ったことです。
同時に、地域から活気がなくなっていることにも目を向け、その土地に根差した生産者が元気になれば、おのずと、地域に活気を取り戻せるのではないか?と考えました。
長崎のどんな生産の現場でも赴き、そこで生きる生産者が、どのような思いで「いのち」を生み出しているのか。生産者と向き合い、時に寄り添いながら、その思いをストーリーに描きます。

彼らのライフストーリーはどれも美しい。
皆さんも一緒に、美味しいを生み出す人の物語へ、旅に出かけませんか?
読んで、食べて、長崎の旬を楽しもう
¥3000+送料|2ヶ月に1回(奇数月)
送料:九州800円、中国900円、関西四国1100円、中部1300円、北陸信越1400円、関東1500円、東北1600円、北海道2000円、沖縄1800円
ながさき食べる通信のお申し込みはこちら

バックナンバー

BACK NUMBER

ながさき食べる通信からの
お知らせ

FACEBOOK

¥3000+送料|2ヶ月に1回(奇数月)
送料:九州800円、中国900円、関西四国1100円、中部1300円、北陸信越1400円、関東1500円、東北1600円、北海道2000円、沖縄1800円
ながさき食べる通信のお申し込みはこちら